PDF入稿をプラス3秒でプロフェッショナルにする方法

IllustratorでPDF入稿用データを作る場合のテクニックです。

弊社におけるPDF入稿の比率が6割を超えました。入稿データ作成の仕上げにプラス3秒でより入稿データがプロっぽくなる小技をご紹介します。意外と手練のDTP職人の方でも知らないことが多いみたいです。

非常に多いPDFのパターン

よくあるIllustrator用のA4のテンプレートを利用してPDF出力したものです。A4テンプレートは大抵B4サイズに収まっていますので、そのままPDFで描き出すとB4のアートボードの大きさに出力されます。

余白の無駄がないPDFデータはスッキリ気持ちがよい

このような余白に無駄のないPDFデータが入稿されると、受付側としては嬉しくなります。見た目も美しいです。

3秒でできます。

ツールバーのアートボード操作用のアイコンをクリック

アートボードツールーバーからカスタムをクリックして
「オブジェクト全体に合わせる」をクリック

 

完成です。

トンボの外にオブジェクトが残っているとピッタリにならないことがあります。印刷に関係ない余分な要素が残っていないかの確認にも使えるので、その意味でも有益な作業です。テンプレートからデータ作成を始めている多くのご利用者の皆様に、入稿データ作成の仕上げとして、PDF出力をする際にこの3秒を加えていただければ幸甚です。