Apple Pagesはコストパフォーマンス最高の印刷データ作成アプリです。

弊社がApple Pages 作成データの入稿を承るようになって既に8年目です。もとよりこのアプリが使いやすく、それでいて高度なデザインができることに驚いていましたが、近年さらにデザインの幅が広がり、習熟した人が利用するとプロがIllustratorで作成したデザインと見分けがつかないぐらいです。

さらにiPhone/iPad版のpagesで作成したデータにも互換性が有り、iPhoneでラフを作ってiPadやMacで仕上げるといった効率的な使い方をしているお客様も多いです。

Apple PagesはApple謹製アプリの中でも地味な存在で、Mac版のOfficeの方を利用しているお客様の方が多いのですが、とっかかりやすく、使えば使うほどデザインの表現力が加速度的にアップするAppleの美学が良く出た神アプリだとおもいます。特にMacご利用の皆様で、利用したことがない方はぜひ一度試していただきたいです。

イラストレーター IllustratorにてPDF出力時にアートボードにトンボをつける方法 【Adobe推奨】

PDF入稿はAdobeが推奨して15年以上経ち、ようやく日本でも認知され利用されるようになりました。一方で同時に推奨した「アートボードを印刷サイズとして、PDF出力時にトンボをつけるワークフロー」はま […]

続きを読む