ApplePagesデータ 印刷発注・入稿の5つのポイント

ApplePagesデータ 印刷発注・入稿のポイント

Applepagesは安価なソフトながら、センスのよいオフセット印刷の原稿を簡単に作ることができる極めて優れたソフトウェアです。上手に利用して手軽でセンスのよい、イベントフライヤーやチラシを作ってみましょう。

入稿データは、以下の五つを押さえていれば大丈夫!

1.PDFに変換する

これが大前提となります。ネイティブデータでのご入稿は環境によってお客様の意図しない仕上がりとなりますので、必ずPDFに変換願います。
最高品質のPDFを描き出してください (最重要ポイントです)

pages 書類を書き出すPDF

2.端に切れたら困る文字等を配置しない

Pagesにはトンボを付ける機能はありません。その作業はプリントエクスプレスが代行します。その際、断裁時にシロが出ないように拡大処理をいたしますので、断裁ラインの近くに文字を配置しないでください。5㎜以上の確保をお願いします。

3.画像の解像度に気をつける

生成したPDFを入稿前に300%前後に拡大して確認願います。

  • 拡大しても荒れていなければ大丈夫です。
  • 若干荒れていても実用上は問題ない場合が多いです。
  • あからさまに画素が粗い、何の写真か判別がつかない場合は写真を差し替えてください
    (低解像度になるのはネット上からダウンロードした画像を原寸で配置した場合がほとんどです。)

4.オフセット印刷が苦手な配色を避ける

PagesはWord等のソフトウエアと比較しますと画面上とプリントアウト後の色味の差異がでないように予め配慮されていますが、意図的にオフセット印刷が苦手な色を指定してしまうと、期待した色味の再現が困難になります。特に「薄いピンク・黄緑・薄く鮮やかなオレンジ」等の「蛍光ペン的な色彩」は再現できません。そういった配色を避けたデザインデータを入稿することが美しい仕上がりのためのコツになります。

5.豊富なテンプレートを利用しましょう。

Pagesには本当の意味で実用的なテンプレートが満載されています。使えないテンプレートばかりのWordや一太郎とは比較になりません。この優れたテンプレートを最大限利用しようという心がけは、美しい印刷物を作るための近道です。あのAppleが管理するソフトが提供するのですから、その素晴らしさは言わずもがなです。

ご注文は→Pagesデータ印刷のプロフェッショナル 印刷通販プリントエクスプレス

pagesにトンボは不要です。

GoogleでApple Pagesに関するどのようなキーワードがよく検索されているのかを調べると

  • pages トンボ 付け方
  • pages トンボ

の二つがとても多いです。これはトンボを付けないと入稿を受け付けないネット印刷会社がほとんどだからだと推察します。

プリントエクスプレスはpages入稿データにトンボを求めません

弊社で現場で処理するためのトンボをつけますので、お客さま側でトンボを付ける必要はございません。ご安心ください。

問題なく弊社でトンボを付けるために

断裁してシロが出ないようにトンボを付ける場合は弊社で拡大処理をします。そのため元のデータで文字情報が端の方まであると、仕上がりに問題が生じる場合がございます。文字情報や切れたら困る画像情報は端から最低でも5ミリは内側に配置して下さい。それによって問題が生じません。また四隅にゆとりがあるレイアウトは見た目が美しくなりますので、デザイン的な理由からもお勧め致します。

対応ソフトウェア一覧

弊社が入稿を受け付けているソフトウェアの一覧です。

Adobe

  • Illustrator
  • Photoshop
  • InDesign(PDFに出力した場合のみ対応可能)

PDFファイルへの出力前提で対応

  • Apple Pages
  • Microsoft Office
    • Word
    • Excel
    • PowerPoint
  • ジャストシステム 一太郎・花子

 

注:上記以外のソフトウェアでもPDF出力前提に最大限対応致します。

ApplePagesデータ 印刷発注・入稿の5つのポイント

ApplePagesデータ 印刷発注・入稿のポイント

Applepagesは安価なソフトながら、センスのよいオフセット印刷の原稿を簡単に作ることができる極めて優れたソフトウェアです。上手に利用して手軽でセンスのよい、イベントフライヤーやチラシを作ってみましょう。

入稿データは、以下の五つを押さえていれば大丈夫!

1.PDFに変換する

これが大前提となります。ネイティブデータでのご入稿は環境によってお客様の意図しない仕上がりとなりますので、必ずPDFに変換願います。
最高品質のPDFを描き出してください (最重要ポイントです)

pages 書類を書き出すPDF

2.端に切れたら困る文字等を配置しない

Pagesにはトンボを付ける機能はありません。その作業はプリントエクスプレスが代行します。その際、断裁時にシロが出ないように拡大処理をいたしますので、断裁ラインの近くに文字を配置しないでください。5㎜以上の確保をお願いします。

3.画像の解像度に気をつける

生成したPDFを入稿前に300%前後に拡大して確認願います。

  • 拡大しても荒れていなければ大丈夫です。
  • 若干荒れていても実用上は問題ない場合が多いです。
  • あからさまに画素が粗い、何の写真か判別がつかない場合は写真を差し替えてください
    (低解像度になるのはネット上からダウンロードした画像を原寸で配置した場合がほとんどです。)

4.オフセット印刷が苦手な配色を避ける

PagesはWord等のソフトウエアと比較しますと画面上とプリントアウト後の色味の差異がでないように予め配慮されていますが、意図的にオフセット印刷が苦手な色を指定してしまうと、期待した色味の再現が困難になります。特に「薄いピンク・黄緑・薄く鮮やかなオレンジ」等の「蛍光ペン的な色彩」は再現できません。そういった配色を避けたデザインデータを入稿することが美しい仕上がりのためのコツになります。

5.豊富なテンプレートを利用しましょう。

Pagesには本当の意味で実用的なテンプレートが満載されています。使えないテンプレートばかりのWordや一太郎とは比較になりません。この優れたテンプレートを最大限利用しようという心がけは、美しい印刷物を作るための近道です。あのAppleが管理するソフトが提供するのですから、その素晴らしさは言わずもがなです。