はがき・ポストカード

はがき・ポストカード

商品概要

インターネットによる情報の交換が主流になった現在でも「はがき・ポストカード」のもつ「親展性・特別感・手作り感・物質感・情報の一覧性・保管性」といった多くの特性は今後も揺るぐことはありません。伝えたい情報にプレミアム感をつけるために、はがき・ポストカードはこれからも社会で愛され続けるでしょう。

はがき・ポストカードの基本仕様ですが、官製はがきが基準となっています。A6サイズ(148x100)がその大きさになります。規格上のA6はA5の半分である(148x105)ですが、ハガキのサイズが基準となっている日本では、A6=148x100という認識もひろく普及しています。弊社のA6はこちらを基準としています

主な紙の規格・サイズと用途の一覧

A判
規格 サイズmm 用途
A6 148 × 100 ハガキの基本サイズです。
A5 210 × 148 往復はがきのサイズ、大型ハガキ
A4 297 × 210 イベント告知用の商用ダイレクトメールでよく使われます。

用紙の選び方

弊社で御用意している紙の種類はコート紙・マットコート紙・上質紙の3種類です。
他の商品と違い定番は「マットコート紙」です。

コート紙(光沢紙)とは

表面に塗工して光沢感を強調した用紙です。はがき・ポストカードでの仕様は商業ダイレクトメールでのご利用が多いです。
インクの彩度を最大化できる特性は商品の魅力をストレートに伝えることができます。

マットコート紙とは

はがき・ポストカードの用紙としては定番です。インクの乗ったところはコート紙同様の光沢を演出でき、インクの乗っていないところは光沢を抑制した塗工紙です。上品さや清潔感を演出できます。郵送するという親展性・特別感の演出にピッタリです。個展の案内から各種商用ダイレクトメールまで用途は広いです。用紙に迷った場合はマットコートを選ぶのが無難です。

上質紙(マット紙)とは

官製はがきのイメージで考えれば想像しやすいでしょう。最大の特質は「書き込みがしやすい」ことです。手書き文字を相手に届ける言葉目的の場合は上質紙(マット紙)を選ぶのが一番正しいです。記載して返信してもらうことが目的の往復はがきにも適しています。更にDTPの普及で「書き込みがしやすい」以外の理由で指定される場合が増えています。上手く使えば「エコロジー・オーガニック・子どもに対する愛情表現」の雰囲気を伝える力があります。

紙の厚みの選び方

用紙の厚さの目安は、以下の通りです。

連量 イメージ 特徴・用途
180kg 官製はがき 官製はがきとほぼ同じ暑さです。弊社では商用DM用にコストパフォーマンスにすぐれる180kgコートが大人気です。一般的な厚みですから「安っぽい」という印象を与えることはありません。マットコートは医療系・美容系のダイレクトメールに、上質(マット)は官製はがきに風合いが似ているので、官公庁系・気楽な手書き用・アンケート用返信ハガキにピッタリです。
220kg 市販の絵葉書 弊社的超定番は「220kgマットコート」です。総合力に優れています。
220kgコートは写真の再現性から絵葉書、220kgマットは書きやすさ以外に
エコロジー・オーガニック・子どもに対する柔らかな雰囲気」の演出に適しています。